スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第81景 高輪うしまち

第81景 高輪うしまち -安政4年(1857)4月改印
たかなわ うしまち

081高輪うしまち

寛永11年(1634)増上寺安国殿の建築で、巨石や木材を運搬するために京より大勢の「牛屋」が動員された。彼らは、増上寺普請以外にも、江戸城拡張や外堀の掘削の工事、或いは江戸湊の埋め立てに体よく使役された。 牛車は、重量級の輸送手段として大変有益であったため、幕府は、今後も役立つものと考え、芝高輪に土地を与え、牛の飼育を命じた。 これが、車町、俗称「牛町」の起こりである。牛屋は、膨張する江戸の普請で大繁盛し、元禄年間には1000頭を越える牛が高輪にいたといわれる。

広重の絵は、車町が海に接する一角よりほぼ東を望んだものだろう。 水平線左に見えるのが房総半島だとすると、海上に浮かぶ砲台場は、左より、第3台場、第6台場、第5台場ではないだろうか。 車輪の裏には第2台場が隠れているかもしれない。 江戸百景の時代は、凶作による飼料の高騰や疫病の流行などで牛の数は随分減っていたらしい。 そこで、引き手のいない大八車と、牛模様の野良犬を描いて最盛期のノスタルジーを表現したのか。 ちなみに約5年後に2代目広重もこの場所を描いているが、そこにはちゃんと牛が復活している。 なお、高輪願生寺には、牛供養のための牛塚が残る。

081高輪うしまち2 東都三十六景 高輪海岸 広重(歌川広重二代)
 文久2年(1862)3月

この作品には、アメリカの国旗が掲げられた船舶が描かれている。 開港されたのは横浜なので、ここまで来てれば本当は脅威なのだが、亜米利加人向け土産用としてデザインされたのか。 また台場 (Fort Island)の石垣が緻密に書かれている点も大変興味深い。 (画像クリックで拡大)


江戸図81 【安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成】
081高輪うしまちA

現代図81
081高輪うしまちB

■  高品質の復刻浮世絵歌川広重「高輪うしまち」
スポンサーサイト

第79景 芝神明増上寺

第79景 芝神明増上寺 -安政5年(1858)7月改印
しばしんめい ぞうじょうじ

079ShinmeiZojoji.jpg

今も同じ場所にある芝増上寺の大門から、「おのぼりさん」と見られる観光客の一行が出てきたところだ。 安国殿や五重塔を見物して、さぞ満足したのであろう、随分楽しそうだ。 これから、隣の芝神明社(現芝大神宮)にでも行くのだろう。

また、後ろを歩くのは増上寺の修行僧だ。 毎日七ツ(午後4時)に市中を回るその姿は江戸の名物だったらしい。 というのもこの僧侶、表向きは托鉢だが実際には "ならず者”や喧嘩に渇を入れて回る自警団だったというのだ。( 絵本江戸風俗往来 より)  

喧嘩といえば、芝神明社(この絵の右に見える神明造りの神社)は、芝居で知られる"め組の喧嘩”の舞台である。 ここで行われた勧進相撲を無銭鑑賞しようとしたことがきっかけで、江戸中の火消しと相撲取りの大喧嘩が始まるという物語だ。 火消しと相撲取りでは、それぞれ町奉行、寺社奉行と支配管轄が違うため、この裁きについて、奉行間の縦割り弊害を描いている点も興味深い。 このあたり一帯もそうだが、寺社地、町人地、武家地などそれぞれ支配管轄の違う場所が同居するエリアでは、増上寺の自警団みたいなものは有効だったのかもしれない。   

ちなみに、暴れん坊将軍に登場するめ組の辰五郎のモデルは、この芝居の辰五郎と、実在の新門辰五郎のミックスだろう。 新門辰五郎は、実際に慶喜や勝海舟と交流があったとされる。

江戸図79【安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成】
079芝神明増上寺A
江戸図上では、ピンクが寺社地、灰色が町人地、白が武家地として色分けされている。

現代図79
079芝神明増上寺B

関連する風景
第53景 増上寺塔赤羽根


■ 絵本江戸風俗往来
■ 新門辰五郎
■ 吉宗評判記 暴れん坊将軍 第一部 傑作選 VOL.1

第80景 金杉橋芝浦

第80景 金杉橋芝浦 -安政4年(1857)7月改印
かなすぎばし しばうら

第80景金杉橋芝浦

秋を感じさせる色使いがとても美しい1枚である。描かれていることを理解すると、とても賑やかな音が聞こえてきそうだ。 これは、今も同じ場所に架かる金杉橋の南西の端から、北東を俯瞰したものだ。 水平線に築地門跡(築地本願寺)の三角屋根も見える。 中央の小豆色の織旗には井ノ字に「橘」の紋、 また右の傘にぶら下がる小さな幕には身延山、これで、日蓮宗の祖師参りの行列だとわかる。南無妙法蓮華経♪ 南無妙法蓮華経♪ ドンドンドンドンドンドン♪ ドンドンドンドンドンドン♪...........

どこに向う行列か。大本山の池上本門寺と、芝浦にある正伝寺(別名金杉毘沙門)だとの説があるようだ。 しかし、この絵は金杉橋を描いている。 なので後者と考えるのが自然だろう。

ただもうひとつ問題がある。 橋を渡る一行はどうみても江戸方面を向いている。 いずれにせよ、これでは反対方向だ。 帰りの行列なのか?   これに対し、ヘンリースミス氏は、すべての布(魚栄商標も)が左になびく様を発見し、実は手前に下りの行列、すなわち右へ進む一行が隠れているのだと指摘している (広重 名所江戸百景より)。  なるほど説得力がある。 そういえば時代劇でもこんな行列同士がすれ違うシーンを見たことがある。 そのあと編み笠を投げて斬り合になったのだが。 南無妙法蓮華経♪ 南無妙法蓮華経♪ ドンドンドンドンドンドン♪ ドンドンドンドンドンドン♪...........

江戸図80【安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成】
080金杉橋芝浦A

現代図
080金杉橋芝浦B


関連する風景
第78景 銕炮洲築地門跡

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。