スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24景 目黒新富士

第24景 目黒新富士 安政4年(1857)4月 改印
めぐろ しんふじ

第24景目黒新富士


目黒新富士は丸旦富士に遅れること7年、文政2年(1819)に、幕臣の近藤重蔵が、その晩年、目黒崖線の三田村鎗ヶ崎の邸内に築いたものだ。 庶民ではなく、武士が屋敷内に作った富士塚という点で、丸旦富士との違いがある。 目黒に新しい富士塚ができたことから、一般に丸旦富士は目黒元富士(西富士とも)、そしてこの富士塚は目黒新富士(東富士とも)と呼ばれるようになった。

近藤重蔵は、有事の際の尖兵隊である御先手組や、平時の際の特殊警察隊ともいえる火付盗賊改方の与力などを経験したのち、長崎奉行手付出役、関東郡代付出役など、今でいう中央官庁の課長級にあたる役職を歴任して、御家人( 将軍に謁見できない幕臣 )としては、異例のエリートコースを歩んだ。 そののち、松前蝦夷地御用取扱となると、幕府公式の蝦夷調査隊として、千島列島や択捉島を探検し、そこに「大日本恵土呂府」の木柱を立てた功績で、歴史の教科書に載る人物となった。

しかし、近藤は、そうした有能な人物であった半面、自信過剰で粗野な面があり、幕府での評価は必ずしも高くなかったようだ。 この目黒新富士(近藤富士とも)も、彼の自己顕示欲や、エキセントリック面が作らしめたとも考えられ、それが理由ではないだろうが、この築山の同年に、大坂勤番弓矢奉行に左遷、その2年後には、実質上の自宅待機組である小普請入差控を命じられて、滝ノ川村に閉居という晩年を送っている。 つまり、この富士塚で悦に入る期間は、ほとんどなかったということだ。

近藤重蔵の屋敷跡は、恵比寿駅西側のロータリーから続く一本道を、7~8分歩いた目黒崖線の高台に位置する。 この一本道は、江戸時代の祐天寺道であり、今も当時の道筋をたどれる貴重な細道だ。 特に近藤の屋敷の横から、目黒川へと降りる別所坂は、坂の途中に庚申塔も残り、当時のうっそうとした雰囲気を今に伝えている。 この絵の中央付近に見える三角屋根は、長泉院か。 なお、件の富士塚は、昭和34年まで残っていたが、今日では自然石の碑が残るだけである。

江戸図24 【安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成】
024目黒新富士a

現代図24
024目黒新富士b

関連する風景
第25景 目黒元不二
第84景 目黒爺々が茶屋
スポンサーサイト

第25景 目黒元不二

第25景 目黒元不二 安政4年(1857)4月 改印
めぐろ もとふじ

第25景目黒元富士

江戸時代後期、全国各地で、富士講が盛んに行なわれるようになった。 特に江戸では、わざわざ遠方の富士山に行かなくても、気軽に富士登山を行えるように、いたるところに富士塚がつくられた。 もちろん、そのモドキに登ることでも十分にご利益があったわけだが、その頂上から本物の富士山を拝むというのは、富士講のメンバーでなくてもうれしいアトラクションであったろう。 

目黒川沿い東側の崖線は、爺々が茶屋に展望台があったくらい、そもそも富士山がよく見渡せる高台であった。 そこに作られた富士塚の頂上から見る本物の富士山は、さぞ格別であったに違いない。 この目黒の崖線には、並んで2つの富士塚があり、江戸百景にはそれぞれ独立した題材として描かれている。 この第25景に描かれた富士塚は、文化9年(1812年)に目黒村の富士講メンバーが築いたと言われており、この地域の富士講のマークが、丸に旦の字であったことから、丸旦富士と呼ばれた。 高さ12メートルほどある大きなもので、山頂には富士信仰お約束の浅間神社が祭られていた。

このあたりは現在の代官山付近の旧山手通り沿いにあたり、豪邸の並ぶ瀟洒な雰囲気の場所だ。 ここには、もともと大名の抱地なども存在はしていたが、高級邸宅街として整備されるのは、明治になってからである。 西郷隆盛の弟の従道の屋敷は、豊後岡藩中川修理の屋敷跡を摂取して建てられ、現在では西郷山公園として、当時を偲ぶことができる。 そして、この丸旦富士のあった場所は、公家の岩倉具視が別荘用地として購入したため、一般が参拝することができなくなってしまった。 そこで、丸旦富士講のメンバーは、近所にこの富士塚を新設することにする。 場所は、大山街道(現246号線)沿いで、目黒川に架かる大橋(池尻大橋)手前の右にある小高い丘を選び、これを富士山に見立てることにした。 ここには、古くから上目黒氷川神社があり、今も敷地内に新元富士の碑が残る。 江戸後期から明治にかけて、近所に富士山が3つも並んでいたというわけだが、なんとも興味深い風景と言えよう。 つづく  

江戸図25【安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成】 
025目黒元富士a

現代図25
025目黒元富士b

関連する風景
第24景 目黒新富士
第84景 目黒爺々が茶屋

第23景 目黒千代か池

第23景 目黒千代か池 安政3年(1856)7月 改印
めぐろ ちよがいけ

第23景目黒千代が池

千代が崎は、目黒崖線の他の名所と同様、高台であるが故に景勝の地であり、ここからの眺めは 「絶景観」 と称された。 広重は、元不二、新富士、そして爺が茶屋と、目黒の丘からの絶景は3枚も用意したので、 ここからの絶景は雪旦の江戸名所図会に譲り、自らは崖下の 「千代が池」 と、そこに注ぐ滝を描いた。 斜面の桜の影が水面に映り込む様は、秋葉の境内同様、風流画の領域であり、なんとも美しい。 なお、千代が崎の名は、南北朝時代、新田義興の侍女の 「千代」 がこの池に身を投げた伝説に因むという。 太平記の多摩川 「矢口の渡し」 に登場する義興謀殺事件の外伝だ。

目黒区のホームページなどによると、江戸時代後期、ここには、肥前島原藩松平主殿頭の屋敷があり、「千代が池」はその敷地の庭にあったという。 ここでひとつ疑問が生じる。 大名屋敷は、普通に考えると一般庶民が自由に出入りできるような場所ではない。 大名屋敷といえば、白壁か長屋塀が回りを囲む堅牢なイメージがあり、観光客がふらっと立ち入れるはずもない。 では、この「千代が池」 は、大名屋敷内の閉ざされた場所に位置し、一般が簡単に見ることのできない伝説の名所であったというのだろうか? 

綱坂 
左は典型的な大名屋敷の長屋塀のイメージといえよう。これは、肥前島原藩松平主殿頭の下屋敷、つまり持ち主は、本件で取り上げている目黒の屋敷と同じ人物だ。場所は、現在の三田の慶応義塾大学の敷地にあたり、この坂は綱坂で、今もここはこの雰囲気をよく残す。

 

 



大名屋敷は、参勤中の大名や、常府の家族の住居、そして江戸詰め並びに参勤に同伴した家中(かちゅう)の寮である。大名が寺社奉行など役についている場合には、役所を兼ねることもある。 基本的には、江戸城に近い上屋敷をプライマリーとして、バックアップ用に中屋敷、下屋敷が用意される。 これらは、拝領屋敷といって、幕府から割り当てられる。 しかし大藩となると、幕府から借りた屋敷だけではどうしても手狭だ。 そこで、大名の中には、自分達で直接地権者と交渉し、敷地を借用或いは購入する者があった。 こうした土地を抱地(かかえち)、そこに建てる家屋を抱屋敷という。 この抱え地であるが、大名が土地を取得すると、元々の村民はそこから立ち退きを余儀なくされたと考えがちだが、実際には、大名が元々の地権者を丸抱えして、年貢も負担した。 つまり、村民はそこにそのまま住み続けることができたのである。 そして、この島原藩の千代が崎の敷地こそ、まさにそうした抱え地であったわけだ。

安政江戸図を見ると、松平主殿頭の敷地を示す白い領域内に、三田村入会、上大崎村入会、上下目黒村入会、との記載がある。 これすなわち、ここには、大名の支配地内に村との共有地が存在していることを示している。 もう疑問は解決したといえよう、 「千代が池」は、松平氏の敷地内とはいえ、自由に出入りできる場所にあったのだ。 つまり、ここは、壁や柵が存在しないオープンスペースで、誰もが楽しめる名所だったのである。 広重が大名屋敷を覗いて描いたというわけではなさそうだ。

江戸図23【安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成
023千代が池a

現代図23
023千代が池b

関連する風景
第25景 目黒元不二
第24景 目黒新富士
第84景 目黒爺々が茶屋

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。