スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第83景 品川すさき

第83景 品川すさき -安政3年(1856)4月改印
しながわ すざき

第83景品川すさき

目黒川は河口で約500メートルに渡り湾曲し、静かに江戸湾に注ぐ。そのあたりの細長い洲状の一帯を品川州崎と呼び、先端には、瀟洒な弁才天社(現利田神社)がある。 ここは、潮干狩りが楽しめる場所としても知られており、近郊のリゾートとして名所図にもしばしば登場する。 この広重の絵を見ても、堅田や松島を思わせる竜宮城のような美しい風景が広がっていたに違いない。

実は、この絵に関しては以前から指摘されてきたことがある。 それは、そこにあるはずのものが、描かれていないというのだ。 安政元年(1854)11月この弁才天の向こう側に御殿山下砲台場(現台場小学校一帯)が大規模な埋め立てにより完成した。江戸図83を見れば一目瞭然だが、極めて巨大であり弁財天の裏に隠れて見えないとは考えにくい。 台場は幕府の施設だから描かなかったというのが定説だが、一方、沖にはちゃんと3基の台場が確認できる。 これはどういうことか。 仮説としては2つ挙げられる。

1.砲台場は幕府の重要施設であるため、取締りを恐れて詳細を描くのを止めた。(通説)
2.この絵は、御殿山下砲台が着工される前に写生した実際の風景である。(筆者の推理) 

これは繰り返しになるが、もし、取締りを恐れて台場を描かないということなら、沖に浮かぶ3基の台場も描く必要はないだろう。その方が安全だし、絵としてもすっきりする。沖の台場を松島仕立ての小道具に使ったというなら松尾芭蕉に怒られる。

では、台場着工前に書いたのか? この絵は、安政3年(1856)4月、つまり御殿山下台場が完成して約1年半後に改印を受けているのでノーだと言われそうだ。 だが、そもそも、改印というのは、出版許可を受けた証であって、絵を描いた時期を示すものではない。 すなわち、デッサンをした時期が改印の直前であるという先入観を捨ててみてはどうだろう。 そう、この絵は、改印の随分前、台場がまだそこになかった時期に描いたのである。 

【州崎弁天(絵本江戸土産)広重より】
州崎台場予定地  
広重が以前に描いた絵に説明を加えた。 中央の盛り上がったところが、州崎と言われるエリア、右が江戸湾、その右下あたりが潮干狩りスポットだろう。左は目黒川で流れは前方へ。弁財天のあたりで海に出る。 その弁財天の右側が御殿山下砲台場の建設予定地だ。 


おっと、では、沖の台場はどう説明するのか? 台場は、結局6基完成したが、実は建造時期に若干ズレがある。 件(くだん)の御殿山下台場は、 安政元年(1854)1月に着工し、同年11月に完成した。 実は、これは第2期工事であり、第一、第二、第三台場は、第1期工事としてそれより前の嘉永6(1853)年8月に着工し、翌安政元年(1854)4月に完成している。 沖の台場は位置関係から、第一、第二、第三台場と推定できるので、この絵のように、御殿山下に台場がなくても、沖には既に台場があった期間があるということである。 すなわち、安政元年1月直前なら、この絵が描けたということができる。 この場合、沖の台場は、現在鋭意工事中ということなのだが、よく見ると、台場付近に停泊した土嚢を積んだ重量船舶から、小型船が台場を行き来しているようにも見えなくもない。
景勝地である品川州崎に要塞が築かれる。 それは、日本橋の上に高速道路をかぶせる以上にナンセンスだ。 広重は台場着工計画を知って、駆け込み需要でこの絵を描いたとは考えられないだろうか? そして、名所江戸百景をシリーズ化するにあたり、郷愁の想いを込め、昔のネタに手を加えず、そのまま発表したのだろう。

【歌川広重】江戸名所百選 - 品川すさき(610mm×915mm)

江戸図83【安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成】
083品川すさきA
広重の絵では中央に弁天社、そのすぐ右下に鳥海橋がある。もし通説通り、左下の旅籠が土蔵相模だとすると、この絵は相当デフォルメされた俯瞰図であると言える。

現代図83
083品川すさきB
八ツ山通りが、かつての目黒川の流れだ。台場小学校には、旧品川灯台の現物と台場記念碑がある。
スポンサーサイト

第28景 品川御殿やま

第28景 品川御殿やま 安政3年(1856)4月
しながわ ごてんやま

第28景御殿山

品川の御殿山は、古くは太田道灌、江戸初期には徳川家康が御殿を構えたくらいだから、それは美しい丘であったのだろう。8代将軍吉宗により一般に開放されて桜の名所となるが、ここは風流人の好む月見の名所でもあった。 広重は、ここで桜を何枚も描いたのはもちろん、観光ガイド 「絵本江戸土産」 などで、諸説ある 「月の岬」 は、この御殿山であると示唆している。それほどまでに、ここは彼にとって思い入れのある場所であり、遺作となるこの江戸百景でも、本当は、美しい御殿山を描きたかったはずだ。しかし彼は敢えて、地層が露出した無骨な崖を描いた。

(東都名所 御殿山花見品川全図)
東都名所品川全図 
当図は、御殿山が完全な姿であった頃の花見の様子を伝える代表的な絵といえるだろう。この他、広重がここ御殿山を題材にしたものは本当に多く、「絵本江戸土産」 には、第28景と同様掘削後の絵もあり、こちらは山側から海を臨む構図となっている。また、2代目広重も掘削後の御殿山を山側から描いた図を残している。

下  (絵本江戸土産・第七編 御殿山当時のさま) 月を忘れていない (風流)
右下 (江戸名所四十八景 御殿山満花 広重二代) 沖に台場が見える (複雑)
御殿山当時のさま  御殿山満開
 
御殿山が何でこんな姿になってしまったのか。 黒船を撃退するための大砲を設置する目的で建設された台場は、この御殿山などから切り崩した土を用い、江戸湾を埋め立てて作った。結局、日米修好通商条約締結 (1857年)により、台場に設置された大砲は、一度も実戦で使われぬまま、放置されることになる。しかし、仮に火を噴いていたとしても、当時の技術力では、黒船を撃沈できるだけの能力はなかったと言う。幕府は真剣だったのだろうが、この無用の長物のために、由緒ある山が無残にも破壊され、何百本もの桜も伐採され、そして、こだわりの月見スポットも消えてしまった。つまり、広重の癒しの空間がまんま犠牲になったのである。これには、広重もさぞ、悲観しただろう。時には、狐火のような空想画まで描く広重だが、時代の移り変わり、失われてゆくものを知らしめようという意識が働き、広重をして、めずらしく時事性のあるリアルな作品を描かせしめたのではないだろうか。

ちなみに、この崖の上には、このあと (1863年)英吉利(イギリス)公使館が建設されることになり、御殿山は再び庶民の立ち入り禁止区域となる。その公使館も、建設途中に高杉晋作ら長州の攘夷派によって焼き討ちにあう。そして、明治5年、東海道線がここを通ることになると、御殿山はさらにえぐりとられて、すっかりその姿を変えてしまう。広重がもう少し長生きしていたら、今度はどんな御殿山を描いていたのだろうか。 

江戸図28【安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成】 
028御殿山a

* 品川歴史館の展示資料などから、筆者が御殿山の掘削部分を推定して図中に記した。

現代図28
028御殿山b

関連する風景
第82景 月の岬
第83景 品川すさき


第82景 月の岬

第82景 月の岬 巳八 安政4年(1857)8月 改印
つきのみさき 

第82景月の岬

どうしてこの絵が、月の岬というのだろう。 月は出ているが、沖に岬は見えない。 そもそも月の岬とは、"月の光で、シルエットが美しく浮き出た岬" を指す。 江戸時代、江戸湊沿いにそうした風景が望める場所はいくつもあったと考えられる。 好まれた場所のひとつは、三田付近からの眺めである。 徳川家康が、このあたりから眺める岬のシルエットをたいそう気に入っていたこともあるらしい。 しかし、品川から芝浦にかけての海岸沿は、弓なりに何キロもつながった一帯なので、似た風景を楽しめる場所がいくつもあったと想像できる。 では、対象となる岬そのものは、いったいどこをさすのか。 同じ広重の、東都名所 「高輪之明月」では、高輪をビューポイントとして "品川州崎"方面を岬の対象として描いている。 また、「絵本江戸土産」の挿絵では、八ツ山から "芝浦の浜"を岬の対象として描いている。 これら2つの絵は、左右対称の構図であり、対象となる岬も正反対に位置する。 さらに、対岸の房総半島の袖ヶ浦が対象となる場合もあるだろうから、月の岬とその鑑賞スポットは、月の移動にしたがって、広範囲に変化してゆくのだろう。

東都名所 「高輪之明月」
高輪之明月400 
この絵は、高輪から品川州崎にかけての海岸線を月の岬と捕らえている。図左下に高輪大木戸の石垣が見える。 右下あたりが、車町(牛町)だ。 (第81景 高輪うしまち参照)

絵本江戸土産 「月の岬」
八ツ山400 
このケースでは、上記とは反対に、御殿山(第28景 品川御殿やま 参照)から見て、八ツ山から高輪~芝浦にかけての海岸線を月の岬と捕らえている。 八ツ山右下の家屋が、ちょうど品川宿の江戸側の入り口付近にあたる。

で、本題の月の岬であるが、これは品川宿に存在した相模屋、通称土蔵相模という食売旅籠の2階からの風景であるとされている。(他説あり) 土蔵相模は、御殿山の真下であるので、あと4~5歩前に出て、手すりから顔を出せば、右手奥に、房総半島の袖ヶ浦、左手には高輪から芝浦にかけての海岸線、ちょうど絵本江戸土産 「月の岬」に似た風景が見えるはずである。 なぜこの絵の舞台をここに選んだのか。 土蔵相模と品川州崎は目と鼻の先である。 この絵を書いた時には、州崎にはもう無骨な要塞が建造されていた (第83景品川すさき参照)。 つまり反対側からこのあたりを、つまり「高輪之明月」の時のように描くことは、もはやできなくなっていたのかもしれない。 娼妓を横に寝かせてみよう。 この絵の岬が彼女自身であることがわかる。 娼妓の姿を美しい"月のシルエットの岬" に見立てて、失われた風景を再現させたこの演出は大変ファンタジックでかつ、奥が深い。(10/09/11) 【送料無料】東海道品川宿 

安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成】 画像マウスクリックで拡大
misaki1.jpg

misaki2.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。