スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第48景 水道橋駿河台

第48景 水道橋駿河台 安政4年(1857)5月 改印
すいどうばし するがだい

第63景水道橋駿河台

5月は古来より不吉な月とされてきたことから、無病息災を願って、皐月(さつき)の端午(たんご)、すなわち、5月の最初の午(うま)の日には、解毒効果のある菖蒲を用いて邪気を払う 「端午の節句」 という習慣が生まれた。 菖蒲は尚武にも通じるということから武家の間で重んじられ、大名、旗本総登城での式典も行われた。 江戸時代中期以降、この習慣は一般にも浸透し、武家が戦の陣地に立てる旗状の幟(のぼり)や吹流しを掲げたのに対して、町人は、独自文化として鯉のぼりを生み出した。 この絵は、本郷台地の南西の高台から、旗本、御家人の屋敷がビッシリと並ぶ飯田町から番町一帯を俯瞰したものである。 絵をよく見て頂こう。正面の鯉のぼりは、主題を強調するための合成であるとも考えられるが、背景、すなわち遠方の武家屋敷一帯に、鯉のぼりは泳いでいない。 鯉のぼりが泳ぐのは、中央右の三崎稲荷と思われる場所のみである。このことからも、武家に鯉のぼりの習慣が無かったことが窺える。
 
さて、話は変わるが、この絵を描いた場所には、現在の水道橋の名称の由来となったオリジナルの水道橋が架かっていた。 こちらは、固有名詞の 「すいどうばし」 ではなく、普通名詞の 「すいどうきょう」 である。 つまり、木製の水道管を渡す橋(懸樋)がこの場所に架かっていた。 井の頭池などを源流とする 「上水」 は、関口大洗堰で二分され、一方は、神田川(外濠)となり、もう一方は、本来の神田上水となる。 その流れは、水戸藩上屋敷を通過後、サイフォンの原理に似た方法で、この絵を描いた場所まで一旦吸い上げられ、それから、この水道橋(懸樋)を伝わって、駿河台へ渡される。 駿河台も高台だから、そこから網の目のように張り巡らされた水道管(木樋や石樋)で、一気に神田、日本橋方面に上水を供給したというわけだ。 そもそも、江戸の町は埋立地だから、井戸を掘っても真水は出ない。 そこで、幕府は、江戸に上水網を整備し、井戸水を真水化させた。 「江戸っ子は、水道水で産湯につかり... 」 というのは、この日本初の地下水道を自慢した言い廻しである。

江戸図屏風・右隻第6扇中上(1633年頃)
水道橋屏風

この上水と水道橋、そして地下水道網は歴史が古い。 神田上水の着手が、関が原以前(1590年)であることは、別項で述べたが、この水道橋(懸樋)も、天下普請の完成前後の「江戸図屏風」(1642年頃)にしっかり登場する。 すなわち、本郷台地の掘削による神田川(外濠)の普請と、この橋架は、同時に計画され、建造されたと見ることができる。 同じ水源の水を空中で交差させるという方法を思いつき、想像を絶する大工事を完成させた当時の熱意と技術力に改めて驚愕せざるを得ない。(神田上水の上流へ↑

(写真48)
水道橋写真 
(写真上左) 三崎稲荷の鳥居と鯉のぼり
(写真上右/下/下中) 東京都水道歴史館展示の懸樋の模型。水番が水質検査をする様も再現されるなど、なかなか良くできたジオラマだ。 *写真は、いずれも筆者撮影


安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成】 マウスオンで現在


スポンサーサイト

第117景 湯しま天神坂上眺望

第117景 湯しま天神坂上眺望 改印 安政3年(1856)4月
ゆしまてんじん さかうえちょうぼう 

第117景湯しま天神坂上眺望

湯島天神は、本郷台地の東側の高台に位置し、この絵の主題にもなっているように、不忍池の弁天様を見下ろすことのできる景勝の地であった。しかし、湯島天神には、景色や天神お約束の梅以外に、もうひとつ人を引き付けてやまないアトラクションがあった。それは、「宝くじ」である。

江戸時代、「宝くじ」は「富籤(とみくじ)」と呼ばれ、その興行主として、谷中感応寺、目黒不動尊、そしてこの湯島天神が 「江戸の三富」として良く知られていた。 当時、賭博は厳しく規制されていたにもかかわらず、寺社仏閣のみ、この怪しい催し物の興行が許されていた。 これはすなわち、バックに寺社奉行という大物がついていたからに他ならず、当初は、犯罪とトレードオフで、幕府がその利益を享受するしくみがあったとも考えられる。

富くじ開催にあたっての基本的な流れはこうだ。まず、興行主(ここでは、湯島天神)が、富くじ用の木札を発行する。 この木札(富札)は、境内や日本橋などにあるチケットショップ(札屋)などで販売される。その富札を買った者は、そこに、住処の町名と名前を書いて湯島天神に納める。 富くじの当日(富突の日)、神主が1000両、500両、300両、100両などと賞金を読み上げ、富札が納められた箱を錐(キリ)で突っつき、当たり札を掲げる。 そこで、自分の名前が読み上げられたら、見事当選というわけだ。 プライバシーは無い。

『摂津名所図絵』より箕面富突の図  箕面山 瀧安寺は、富籤発祥の地とされる
tomikuji_convert.jpg

さて、この木札(富札)は幾らで売られていたのだろうか。 千両富、すなわち千両が当たる富札は、1枚1分で売られていた、と言ってもピンとこない。 当時の庶民相場で貨幣価値を試算してみよう。 一番イメージし易い例で行くと、当時の屋台蕎麦(二八そば)の値段は、文字通り 2×8の16文である。 現在の立ち食い蕎麦の値段を480円であると仮定すると、480円÷16文 で、1文=30円 となる。 1分は、1000文であるから、1000文×30円=3万円、1両は4分であるから、3万円×4分=12万円 となる。 すなわち、千両(12万円×1000両=1億2000万円!)の当たる宝くじ1枚は、3万円もしたということがわかる。 当選率がどのくらいであったのかにもよるが、何札も買うとすると、随分高い博打である。そこで、1札の権利を何口かに分けて取引させる闇マーケットもあったらしい。 また、仮に当たったとしても全部もらえるわけではなかった。 寺社修繕費として興行主へ10%、インセンティブとして札屋へ10%、そして誰に渡るのか手数料として、5%徴収されたという。 

この富くじも、1842年(天保13年)3月8日、天保の改革の遊興弾圧により一切差止となる。 広重が45歳の時、つまりこの絵を描くおよそ14年前のことである。

(写真117)
湯島眺望
不忍池こそ望めないが、石段の風情は今も当時の面影を残す。
写真は、2010年5月3日筆者撮影

安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成】 マウスオンで現在


関連する風景
第10景 神田明神曙之景
第89景 上野山内月のまつ

第16景 千駄木団子坂花屋敷

第16景 千駄木団子坂花屋敷 辰五 安政3年(1856)5月 改印
せんだぎ だんごさか はなやしき

hanayashiki.jpg

団子坂上というところは、なかなか興味深い場所である。というのも、根津神社は江戸中期に現在地に移るまでは実はここに鎮座していた。伝承によると、創建したのは、日本武尊であり、古事記や日本書紀の記された時代背景が正しいとすると、何と1900年も前の話である。東征の際にということらしいので、遠く蝦夷方面を見渡すこの高台に戦勝を祈願して、スサオウノミコトを奉じたということだろう。つまりここは、神話の時代にまでの歴史をさかのぼれる、それは由緒ある展望台なのである。 

時代は相当下ることになるが、広重は、そんな歴史ある高台に建てられた2棟の高級家屋を描いた。これは「紫泉亭」と呼ばれる茶亭であり、嘉永5年(1852)に、千駄木の植木屋宇平次という人物が開いた「千駄木花やしき」内に作られたもので、件(くだん)の地であるがゆえに景色がよく、崖の上には何と眺望露天風呂まである贅沢な施設であった。江戸の中心地からも近いので、花見のシーズンには群集が押し寄せるほど、有名な観光名所であったらしい。 

同じ広重が、江戸土産で、この「紫泉亭」からの東南の眺望を描いた絵を残している。 その絵を見てみると、まず、左端中央に谷中天王寺の五重塔が見える。 この塔は、江戸名所図会にも登場し、震災や戦火をも潜り抜けて来た谷中のシンボルなのだが、昭和32年に、心中事件の犠牲となって消滅してしまった。幸田露伴 「五重塔」の舞台と言えば、ピンとくる方もいるかも知れない。次に、絵中央に目を移してみると、そこに鎮座するのは、新播随院法受寺である。 関東大震災後に移転して、もうここにないのだが、実はこの寺もある物語の舞台となっている。「怪談牡丹燈籠」で、2人の幽霊(ツユと女中のヨネ)は、夜な夜なここの墓から抜け出しては、牡丹の絵柄の灯篭を手に、カラ~ンコロ~ンと萩原新三郎の住む根津清水谷 (現文京区根津1丁目付近)まで通って来るという設定だ。 名作 日本の怪談―四谷怪談・牡丹灯篭・皿屋敷・乳房榎 (角川ソフィア文庫) 

(絵本江戸土産 紫泉亭より東南眺望)
shisentei.jpg

寺町であるがゆえに陰気な風景であるが、さらにもっと南を望むと何が見えたのだろう。池之端や神田が見えたわけであるから、そのもっと右方向には、江戸湾も見えたはずである。事実、明治後期になって、この「紫泉亭」のすぐ裏手に、あの森鴎外が屋敷を建てた。彼の書斎から、品川沖が見えたとかで、その屋敷は、「観潮楼」と呼ばれた。植木屋の「紫泉亭」から品川沖が見えたかどうか分からないが、複数棟を渡り廊下で結ぶようなパノラミックな展望台である、ぐるりと廻ればお台場が見えた可能性は十分にある。天気がよければ、この地に社を築いた日本武尊の遭難した走水の海(浦賀水道)も見えたかもしれない。

最後に、広重がこの「第16景 千駄木団子坂花屋敷絵」を描いた視点について考えてみよう。江戸図を見ると、崖の下に池を確認することができる。つまり、この池が、広重の描いた池であると筆者は素直に考えている。しかし、「池があるのは、大名屋敷内なので、それは有り得ない」 という突っ込みが入るかもしれない。 しかし、この小笠原の屋敷は、抱え屋敷、或いは抱え地である。 抱え屋敷/抱え地とは、目黒千代が池の項で考察したとおり、他の所有者との入会地である。(←関連記事参照)江戸図を見れば、敷地内に、麟祥院領の文字が見えるので、ここがこの寺との共有地であったことがわかる。寺との入会地ということであれば、庶民の垣根は低いだろう。 植木屋宇平次の庭とも柵もなく繋がっていた可能性も考えられる。小笠原文庫は、「麟祥院領下馬込村小笠原左京大夫抱屋敷図面」よりこの敷地に家屋があったことを伝えている。ひょっとしたら、崖下に漂う源氏雲の下には、小笠原氏ゆかりの何かが隠れているということなのかもしれない。

dango1.jpg

dango2.jpg

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。