スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1景 日本橋雪晴

第1景 日本橋雪晴 ( にほんばしゆきはれ) -安政3年(1856)5月改印
経度139度46分45.685秒 緯度35度40分53.866秒 付近上空より、西南方向を描写

398px-100_views_edo_001.jpg

日本橋を中心に置き、豪快に進む船とその手前に当時そこにあった魚河岸の活況をダイナミックに描いた正月の風景である。 遠方より富士山、江戸城、一石橋を確認できるので、江戸図 (1)の▲印 付近の上空から矢印の方向を俯瞰したものと特定できる。 江戸城内にそびえる三層の櫓は富士見櫓であろうか。 だとするとそのすぐ右下の三角屋根の建造物は江戸城本丸御殿ということになる。 当時の風景画は、取締りを恐れてか、幕府の施設を直接的に描くことはしないのだが、日本橋川の流れを江戸城に向って末広がりに表現することにより、およそ10年後に滅亡する徳川幕府をヨイショしているのだとしたら素晴らしい。それはそうとして、やはり江戸城越しに見える富士山というのは、ある意味江戸風景の象徴ということで、また正月絵は縁起が良いということで、敢えてシリーズの巻頭にこの作品を持ってきたのであろう。
熟練の職人技が光る創業80年の木版画工房直営 高品質の復刻浮世絵歌川広重「日本橋雪晴」(名所...

江戸図 ( 1) 【安政3年(1856)実測復元江戸図より】
日本橋図1小

実測江戸図で確認すると、一石橋は日本橋よりもやや北側に位置するため、実際にはこの角度から2本の橋をこのような姿で同時に捉えることはできない。 もし一石橋をこう描くなら、日本橋の北側の広場も視野に入ってくるはずである。 この描写は、全体のバランスをとるためにデフォルメされているといえそうだ。 切絵図ではここまでは分析できない。

現代図
日本橋図2小

現在のこの場所を航空写真で訪れてみる

リンク先の Gooマップでは、この付近の現代地図及び航空写真のみならず、昭和22年、昭和38年の航空写真と、明治図も確認できる。 なお、明治図のレイヤーがずれているのが残念である。 (投稿時)
スポンサーサイト

第3景 山下町日比谷外さくら田

第3景 山下町日比谷外さくら田 -安政4年(1857)12月改印
経度139.45.51.216 緯度35.40.8.871 付近より、西北方向を描写

394px-100_views_edo_003.jpg
熟練の職人技が光る創業80年の木版画工房直営 高品質の復刻浮世絵歌川広重「山下町日比谷外さく...

江戸百景の中の江戸城近辺を描いた図の中で、これほど今となっては描写した場所の手がかりが皆無な場所もめずらしい。 この堀は明治以降に埋めたてられ、また、すぐ目の前には現在の山手線や新幹線が通る鉄道が敷設され、すっかり地形が変えられてしまったからだ。 しかし、復元江戸図を見れば、この場所が江戸図3の▲地点付近から西北方向を臨んだ風景であることが容易に特定できる。 すなわち、堀の向こうの建物は、佐賀藩鍋島家35万7千石の上屋敷の門とその長屋塀、堀を隔てて右側に見えるのは、笠間藩牧野家8万石の上屋敷の石垣の一角である。 現在の秦明小学校脇のガード下の手前あたりから、日比谷公園の方向を見た図なのだが、今ここを訪れても、ここにこんな風景が開けていたとは誰が想像できるだろうか。

江戸図3 【安政3年実測復元江戸図より】
山下江戸小

本図中にある鍋島家の長屋塀の左端を右に曲がると外桜田通りで、第2景の霞ヶ関の坂下あたりへと続く。 第2景と同じ正月の風景だが、描写日時は別の日だろう。 凧の上がる向きが違う。 実際、改印もおよそ1年違う。 安政年間の地図を実測復元した江戸明治東京重ね地図を用いると、下記のように現代のこの場所がはっきり見えてくる。

現代図3
山下東京小

 この場所に航空写真で訪れてみる
リンク先の Gooマップでは、この付近の現代地図及び航空写真のみならず、昭和22年、昭和38年の航空写真と、明治図も確認できる。 なお、明治図のレイヤーがずれているのが残念である。 (投稿時)

第4景 永代橋佃しま

第4景 永代橋佃しま -安政4年(1857)2月改印
        えいたいばし つくだじま

395px-100_views_edo_004.jpg

隅田川にかかる永代橋から佃島を臨んだ風景であるので、容易に場所の特定はできるであろう。 しかし、江戸図を見ると当時の永代橋は現在とは違い、日本橋側の北べり沿いにかかっていたことがわかる。 ここは日本橋川の出入り口であり、魚河岸や江戸城へとつながる道三堀への起点ともいえる所なので幕府の船手番所があった。 なので、右に描かれた舟は御用船なのかもしれない。 図中に火の玉らしきものが見え気味が悪いが、白魚をとるための漁火らしい。 なお、タイトルには佃島とあるが、沖に見えるのは、当時無宿人の社会復帰支援施設である人足寄場のあった石川島とするのが正解だろう。 版画であるにもかかわらず、プラネタリウムを思わせる星空が美しい。

安政2年(1855)10月に起こった安政大地震でこの永代橋は倒壊し、その修復が始まったのは、安政4年(1857)年の夏ごろらしい。 この絵の改印は、安政4年(1857)2月なので、広重がこの絵を書いた時には、まだ渡れなかった可能性がある。 なので、しかたなく水上からの描写となったのかもしれない。
熟練の職人技が光る創業80年の木版画工房直営 高品質の復刻浮世絵歌川広重「永代橋佃しま」(名...

江戸図4 【安政3年実測復元江戸図より】
永代橋江戸縮小

現代図4
永代橋東京縮小

現在のこの付近、日本橋箱崎町へ空中写真で訪れてみる

リンク先の Gooマップでは、この付近の現代地図及び航空写真のみならず、昭和22年、昭和38年の航空写真と、明治図も確認できる。 江戸明治東京重ね地図なら、明治図も正確に重なるのだが、Gooマップ明治はぴたりと重ならないのがとても残念である (投稿時)

■ 江戸のれん
■ 三河の佃煮専門店 美食倶楽部

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。