スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第52景 赤坂桐畑

第52景 赤坂桐畑 辰四 安政3年(1856)4月 改印
あかさか きりばたけ

図2

溜池山王という駅名や交差点名で、赤坂近辺に、溜池と呼ばれる地域があるのはご存知の通りである。しかしながら、かつてあそこに、正真正銘の「溜め池」、しかもかなり広大な池があったことを知る人は意外に少ないだろう。赤坂の溜池は、江戸時代初期の慶長11年(1606年)、土木技術に通じた矢島長雲 が、もともとこの近辺に湧きでていた水を堰き止めて築いた半人工的な池である。

この池が整備される以前、ここは、谷底に湿地帯が広がるような窪地で、雨が降るとよく水が溜まる厄介な地であった。室町時代後期の長禄元年(1457年)、太田道灌が、品川にあった砦(御殿山城)(←関連記事参照)を、のちに家康が入ることになる場所(今の皇居東御苑付近)へ押し出すことを決めた理由のひとつが、千葉氏との対立を控え、この一帯を背後の守りとして活用できると考えたからだと言われている。この絵を見てもそうだし、また現在、外堀通りから日枝神社へと至るエスカレーターに乗ってみればすぐに判ることだが、今でもこの一帯の北側は切り立った崖になっている。首相官邸があるのも、実はこの崖の上だ。この自然の要害は、低予算で手に入る南方の守りとして、頗る都合がよかったと想像できる。

tamehikaku.jpg

時代は下り、江戸時代初期に溜池として整備されたこの一帯は、天下普請を経て、そのまま、江戸城外濠の構成要素として活用されることになる。また、前述のように、江戸城側は切り立った崖となっていたため、ここには石垣を築く必要がなかった。江戸城の外濠で石垣がないのは、ここと神田山を切り通した御茶ノ水付近の渓谷など一部に限られている。しかし、この広大な溜池も、江戸中期の宝永年間と享保年間の大火をきっかけに少しずつ埋め立てられ、その跡地が被災した町人の移住地として割り当てられた。赤坂見附近辺に今も下町の風情が漂うのはそのせいである。明治になり、外堀通り整備のために溜池は完全に埋め立てられてしまう。そして、赤坂の溜池は今や、駅名など一部に名残を残すのみの誰も意識しない伝説の池となった。


明治初期に、日枝神社から現赤坂見附の市街を見下ろしたマニア垂涎の写真だ。
現在TBSのある丘にまだ、浅野安芸守の屋敷跡と思われる家屋が見えるのにはしびれる。

tameike meiji

安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成】 画像クリックで拡大
tameedo.jpg
広重は、「山王の渡し」と呼ばれる渡し舟の乗り場付近からこの絵を描いたものと思われる。

tameima.jpg

関連する風景
第113景 虎の門外あふひ坂
第119景 赤坂桐畑雨中夕けい 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。