FC2ブログ

第84景 目黒爺々が茶屋

第84景 目黒爺々が茶屋 -安政4年(1857)4月改印
めぐろ じじがちゃや

第84景目黒爺爺が茶屋

”目黒のさんま”という落語はよく知られているが、これは将軍の鷹狩に大きく関係している。
鷹狩りは、野鳥やうさぎなどの小動物を放してそれを鷹や犬に捕まえさせる軍事鍛練と娯楽を兼ねたものだが、3代将軍家光は鷹狩を好み、碑文谷原や駒場野などの目黒近郊によく遊猟に出かけたという。 村々にて鷹狩が滞りなく行えるよう管理を行う役を通称、鷹番というが、目黒区内にはそれにちなんだ地名も残る。

目黒川の田道橋を渡り、現在の恵比寿ガーデンプレイスあたりに通ずる登り坂途中に1軒の茶屋があった。将軍家光(8代吉宗説あり)は、目黒筋遊猟の帰りにしばしばこの茶屋に寄って休息をとることがあった。将軍は、茶屋の主人彦四郎の素朴な人柄を気に入り、「爺、爺」と話しかけたため、この茶屋は「爺々が茶屋」と呼ばれるようになったという。実際に、爺々が茶屋主人の子孫にあたる島村家に、元文3年(1738)年4月13日の鷹狩の際に吉宗が訪れ、主人と言葉を交わした記録が残る(御成之節記録覚)。 こうした、逸話が”目黒のさんま”を生むきっかけとなったのだろう。

【目黒のさんま(あらすじ)】

例によって遊猟の帰途、茶屋に寄った将軍は、空腹を感じて彦四郎に食事の用意を命じた。だが草深い郊外の茶屋に、将軍の口にあうものがあろうはずはない。そのむねを申しあげたが「何でもよいから早く出せ」とのこと。やむをえず、ありあわせのさんまを焼いて差しあげたところ、いつもながらの食事にあきた将軍の口に、脂ののったさんまの味は、また格別だったのだろう。その日は、たいへんご満悦の様子で帰った。

それからしばらくして、殿中で将軍は、ふとさんまの美味であったことを思い出し、家来にさんまを所望した。当時さんまは、庶民の食べ物とされていたので前例がないとたいへん困ったが、さっそく房州の網元から早船飛脚で取り寄せた。ところが料理法がわからない。気をきかせた御膳奉行は、さんまの頭をとり、小骨をとり、すっかり脂肪を抜いて差し出した。
びっくりしたのは将軍様。 美しい姿もこわされ、それこそ味も素っ気もなくなったさんまに不興のようす。

「これを何と申す」
「は、さんまにございます」
「なに、さんまとな。してどこでとれたものじゃ」
「は、銚子沖にございます」
「なに銚子とな。銚子はいかん。さんまは目黒に限る」

江戸図84【安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成】
082目黒爺A


江戸図84、現代図84合成 (茶屋付近拡大図)
082目黒爺AB 安政江戸図を見ると、茶屋坂の途中に祖父ヶ茶屋という名称で、茶屋が記載されているのがわかる。道の形状などからして、広重のこの絵は、茶屋の約25メートル北東にある家屋あたりから丘を見下ろしたものと考えられる。
なお、今でも田道橋を渡って山手通りを越え、中目黒裏の丘を登って鷹番まで続く郷愁感漂う一本の細道が残る。 忘れられた裏通りではあるが、今もなお将軍が鷹狩時に通った時とほとんど同じ道筋をたどれるのは貴重だ。





現代図84
082目黒爺B
* 現在、茶屋坂は、恵比寿南橋(アメリカ橋)と直接通じている。(2009/10/12)



*2012年9月8日初稿公開
*2014年8月31日GoogleMapに対応し再掲載

第8景 する賀てふ

第8景 する賀てふ 安政3年(1856)9月 改印
するがちょう

第8景する賀てふ

江戸時代にそこにあったものが、今もそこにあるのは江戸好きにはたまらなく嬉しいものである。三井高利が、江戸本町(のち日本橋駿河町に移転)に「越後屋八郎右衛門」の暖簾を掲げたのは、高利52歳の時である。もともと、江戸で呉服商を営んでいた兄に、その商才を疎まれて故郷の松坂に留め置かれていた高利は、兄が逝去した延宝1(1673)年、ここぞとばかりに一大奮起し、京都に仕入れ屋を、そして江戸に新たな呉服店を開業した。

当時の商いは、支払いサイトが半年、或いは一年というクレジット販売が普通であったので、金利負担の分高価となり、また回収リスク軽減のため顧客層も大名などに限定されていた。 高利が導入したキャッシュオンデリバリ(現銀掛け値なし)のしくみは、現金販売による低価格化を実現し、薄利多売で商圏を庶民にまで拡大させたことが新しい。
越後屋は、公儀呉服御用はもちろん、併設した両替店で為替御用 (政府銀行のようなもの)を一手に請負うなどして莫大な財産を築き、三井家中興の祖となった。そして今もなお、直系の三越や三井系の金融機関、そして三井本館がこの図と同じ敷地で営業する。

写真8
江戸東京博物館の越後屋呉服店のジオラマ(筆者撮影)
越後屋模型写真

駿河町は、一直線先に富士山が見えたので、この地名がついたという。「やり霞」を払えば、中心にちょうど江戸城西の丸御殿、右端に本丸の富士見櫓が見える方角だ。名所江戸百景には、白木屋(→東急百貨店→コレド)、松坂屋(→上野松坂屋)、大丸、田端屋などの大店(おおだな)が登場し、どれもその賑わいが描かれてはいるが、やはり、越後屋(→三越)を描いたこの図には少し違った空気が漂っている。 絵を見ると、馬に乗った旗本、頭巾をかぶった忍びの武士、女中の集団、おのぼりさん、いろいろな人物が詳細に描かれている。 越後屋はまさに、江戸商業のシンボル的存在であったのだろう。「する賀てふ」の賀の字もおめでたい。

江戸図8
008する賀てふa

現代図8
008する賀てふb

関連する風景
■ 第7景 大てんま町木綿店
■ 第13景 下谷広小路
■ 第44景 日本橋通一丁目略図
■ 第74景 大伝馬町ごふく店

2010年1月8日投稿記事 編集後再掲

≪PREV | | NEXT≫