スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8景 する賀てふ

第8景 する賀てふ 安政3年(1856)9月 改印
するがちょう

第8景する賀てふ

江戸時代にそこにあったものが、今もそこにあるのは江戸好きにはたまらなく嬉しいものである。三井高利が、江戸本町(のち日本橋駿河町に移転)に「越後屋八郎右衛門」の暖簾を掲げたのは、高利52歳の時である。もともと、江戸で呉服商を営んでいた兄に、その商才を疎まれて故郷の松坂に留め置かれていた高利は、兄が逝去した延宝1(1673)年、ここぞとばかりに一大奮起し、京都に仕入れ屋を、そして江戸に新たな呉服店を開業した。

当時の商いは、支払いサイトが半年、或いは一年というクレジット販売が普通であったので、金利負担の分高価となり、また回収リスク軽減のため顧客層も大名などに限定されていた。 高利が導入したキャッシュオンデリバリ(現銀掛け値なし)のしくみは、現金販売による低価格化を実現し、薄利多売で商圏を庶民にまで拡大させたことが新しい。
越後屋は、公儀呉服御用はもちろん、併設した両替店で為替御用 (政府銀行のようなもの)を一手に請負うなどして莫大な財産を築き、三井家中興の祖となった。そして今もなお、直系の三越や三井系の金融機関、そして三井本館がこの図と同じ敷地で営業する。

写真8
江戸東京博物館の越後屋呉服店のジオラマ(筆者撮影)
越後屋模型写真

駿河町は、一直線先に富士山が見えたので、この地名がついたという。「やり霞」を払えば、中心にちょうど江戸城西の丸御殿、右端に本丸の富士見櫓が見える方角だ。名所江戸百景には、白木屋(→東急百貨店→コレド)、松坂屋(→上野松坂屋)、大丸、田端屋などの大店(おおだな)が登場し、どれもその賑わいが描かれてはいるが、やはり、越後屋(→三越)を描いたこの図には少し違った空気が漂っている。 絵を見ると、馬に乗った旗本、頭巾をかぶった忍びの武士、女中の集団、おのぼりさん、いろいろな人物が詳細に描かれている。 越後屋はまさに、江戸商業のシンボル的存在であったのだろう。「する賀てふ」の賀の字もおめでたい。

江戸図8
008する賀てふa

現代図8
008する賀てふb

関連する風景
■ 第7景 大てんま町木綿店
■ 第13景 下谷広小路
■ 第44景 日本橋通一丁目略図
■ 第74景 大伝馬町ごふく店

2010年1月8日投稿記事 編集後再掲

第82景 月の岬

第82景 月の岬 巳八 安政4年(1857)8月 改印
つきのみさき 

第82景月の岬

どうしてこの絵が、月の岬というのだろう。 月は出ているが、沖に岬は見えない。 そもそも月の岬とは、"月の光で、シルエットが美しく浮き出た岬" を指す。 江戸時代、江戸湊沿いにそうした風景が望める場所はいくつもあったと考えられる。 好まれた場所のひとつは、三田付近からの眺めである。 徳川家康が、このあたりから眺める岬のシルエットをたいそう気に入っていたこともあるらしい。 しかし、品川から芝浦にかけての海岸沿は、弓なりに何キロもつながった一帯なので、似た風景を楽しめる場所がいくつもあったと想像できる。 では、対象となる岬そのものは、いったいどこをさすのか。 同じ広重の、東都名所 「高輪之明月」では、高輪をビューポイントとして "品川州崎"方面を岬の対象として描いている。 また、「絵本江戸土産」の挿絵では、八ツ山から "芝浦の浜"を岬の対象として描いている。 これら2つの絵は、左右対称の構図であり、対象となる岬も正反対に位置する。 さらに、対岸の房総半島の袖ヶ浦が対象となる場合もあるだろうから、月の岬とその鑑賞スポットは、月の移動にしたがって、広範囲に変化してゆくのだろう。

東都名所 「高輪之明月」
高輪之明月400 
この絵は、高輪から品川州崎にかけての海岸線を月の岬と捕らえている。図左下に高輪大木戸の石垣が見える。 右下あたりが、車町(牛町)だ。 (第81景 高輪うしまち参照)

絵本江戸土産 「月の岬」
八ツ山400 
このケースでは、上記とは反対に、御殿山(第28景 品川御殿やま 参照)から見て、八ツ山から高輪~芝浦にかけての海岸線を月の岬と捕らえている。 八ツ山右下の家屋が、ちょうど品川宿の江戸側の入り口付近にあたる。

で、本題の月の岬であるが、これは品川宿に存在した相模屋、通称土蔵相模という食売旅籠の2階からの風景であるとされている。(他説あり) 土蔵相模は、御殿山の真下であるので、あと4~5歩前に出て、手すりから顔を出せば、右手奥に、房総半島の袖ヶ浦、左手には高輪から芝浦にかけての海岸線、ちょうど絵本江戸土産 「月の岬」に似た風景が見えるはずである。 なぜこの絵の舞台をここに選んだのか。 土蔵相模と品川州崎は目と鼻の先である。 この絵を書いた時には、州崎にはもう無骨な要塞が建造されていた (第83景品川すさき参照)。 つまり反対側からこのあたりを、つまり「高輪之明月」の時のように描くことは、もはやできなくなっていたのかもしれない。 娼妓を横に寝かせてみよう。 この絵の岬が彼女自身であることがわかる。 娼妓の姿を美しい"月のシルエットの岬" に見立てて、失われた風景を再現させたこの演出は大変ファンタジックでかつ、奥が深い。(10/09/11) 【送料無料】東海道品川宿 

安政3年(1856)実測復刻江戸図より作成】 画像マウスクリックで拡大
misaki1.jpg

misaki2.jpg



≪PREV | | NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。